東京大学 農地環境工学研究室             >>東京大学 >>東京大学大学院農学生命科学研究科 >>生物環境工学専攻

投稿論文・著作

2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010

2016年
塩沢昌:放射性セシウムの土壌中の挙動と水系への流出,農業農村工学会誌,84(6),495-499,2016
Peng, X., Zhang, Z.B., Gan, L., Yoshida, S.: Linking Soil Shrinkage Behavior and Cracking in Two Paddy Soils as Affected by Wetting andDrying Cycles, Soil Sci. Soc. Am. J., 80(5), 1145-1156, 2016.

西田和弘,二宮悠樹, 宇尾卓也,吉田修一郎,塩沢昌:夜間掛流し灌漑下の灌漑水量・水温と水田水温分布の関係,農業農村工学会論文集,303,I_391-I_401, 2016

松本宜大, 西田和弘,吉田修一郎:地下水で灌漑される火山灰土水田の過大な電力消費の実態,農業農村工学会誌,84(10),847-850, 2016

塩沢昌, 山路永司, 吉田修一郎(編・分担執筆):農地環境工学第2版,文永堂出版,2016

塩沢昌:物理の普遍性と現象の多様性(巻頭言),土壌の物理性,134,1-3, 2016

西田和弘:夜間かけ流し灌漑が水田水温・稲体温度に及ぼす影響,最新農業技術作物vol.9,農山漁村文化協会,177-192, 2017

Kubota, A., Zayed, B., Fujimaki, H., Higashi, T., Yoshida, S., Mahmoud, M.M.A., Kitamura, Y., Abou El Hassan, W.H.: Water and salt movement in soils of Nile Delta, in Satou, M and Aboulroos, S.(Eds.)Irrigated Agriculture in Egypt,Springer International Publishing,Switzerland,153-186, 2017

2015年
塩沢昌:土壌中のセシウム分布と動態,現代化学,29-31,2016
吉田修一郎, 西田 和弘, 安達純:農地の放射性セシウム鉛直分布図に基づく点減衰核法による除染前後の空間線量率の推定, 農業農村工学会論文集, 84(2),75-83, 2016.

西田和弘,宇尾卓也,吉田修一郎,塚口直史:冷水掛流し灌漑時の灌漑水量・水深・時間帯が水田の水温形成に及ぼす影響,農業農村工学会論文集,300,185-194.2015

2014年
Yoshida, S., Adachi, K. Hosokawa, H. Analysis of seasonal change in paddy soil structure based on elasto-plastic deformation model. Geoderma, 228-229, pp104-113, DOI 10.1016/j.geoderma.2013.08.002, 2014.
西田和弘,宇尾卓也,吉田修一郎,塚口直史.登熟期の冷水掛流し灌漑による稲体温度・群落内気温・地温の低下効果.農業農村工学会論文集,82(6), pp373-381, 2014.
Katori Miyasaka, Sho Shiozawa, Kazuhiro Nishida, Shuichiro Yoshida: Solute. Solute electrical charge effects on molecular diffusion coefficients in unsaturated soils. Soil Science Society of America, 78(6), pp1852-1858, 2014.
塩沢 昌:上野英三郎博士と愛犬ハチ,東大ハチ公物語,一ノ瀬正樹,正木春彦編,東大出版会,171-203,2015
2013年
塩沢昌, 辻英樹.流域等における洪水緩和機能の比較指標:ピーク流量緩和時間.水文・水資源学会誌,27(3), pp116-124, 2014.
吉田修一郎, 細川寿, 足立一日出.播種時の過湿・過乾燥リスクを伴う粘土質転換畑におけるダイズの適切な播種条件の解析.土壌の物理性,125,pp17-27, 2013.
西田和弘,宇尾卓也、吉田修一郎,塚口直史.夜間掛流し灌漑による水田水温と葉温低下.水土の知,281,pp17-26,2013.
松林周磨、吉田貢士、塩沢昌.熱交換-熱収支モデルによる水田の水温・葉温予測.農業農村工学会論文集,285, pp215-221,2013.
塩沢昌(分担):放射性セシウムの土壌中の挙動、水稲への移行、水系への流出,放射能の土壌科学-森・田・畑から過程菜園まで-,日本学術協力財団,64-99, 2013
2012年
塩沢昌.水田の放射能汚染と稲への移行.水土の知,80(7), pp539-542, 2012.
吉田修一郎, 木坂康隆, 西田和弘, 塩澤昌.小規模な破砕転圧による火山灰土水田の浸透抑制効果.農業農村工学会論文集,282, pp59-68, 2012.
辻 英樹, 塩沢 昌, 西田 和弘.台地畑流域における洪水緩和機能の測定と評価.農業農村工学会論文集,81(4),pp297- 300,2013.
Sho Shiozawa (分担), Vertical migration of radiocesium fallout in soil in Fukushima. in “Agricultural Implications of the Fukushima Nuclear Accident” ed. T. Nakanishi and K. Tanoi, Springer p.49-60  (2013)
塩沢昌, 「土壌汚染の新知見-放射性セシウムの土壌中の挙動と稲への移行-」、学術の動向(日本学術会議),17-10,p.28-35,2012
Paul D. Hallett, Anthony R. Dexter, and Shuichiro Yoshida, A History of Understanding Crack Propagation and the Tensile Strength of Soil, in Quantifying and modeling soil structure dynamics. Sally Logsdon, Markus Berli, and Rainer Horn (ed.) Advances in Agricultural Systems Modeling, Volume 3., SSSA, USA. p.93-119, 2013.
2011年
塩沢昌、田野井慶太朗、根本圭介、吉田修一郎、西田和弘、橋本健、桜井健太、中西友子、二瓶直登、小野勇治.福島県の水田土壌における放射性セシウムの深度別濃度と移流速度.Radioisotopes, 60,pp.323-328, 2011.
吉田修一郎.低平地水田におけるかんがい排水用エネルギー投入の実態分析.農業農村工学会論文集,275, pp41-49,2011.
西田和弘:砂漠化問題について考える~乾燥地緑化は塩類集積を解決するか?~, 水土の知 79(5), 62-64, 2011
有光加理:異なる放牧圧におけるモンゴル草地の浸透能と土壌水分分布,水土の知,80(5),379-380,2012.
2010年
Kazuhiro Nishida, and Sho shiozawa. Modeling and experimental determination of salt accumulation induced by root water uptake.Soil Science Society of America journal, 74, pp774-786. 2010.
中田達・塩沢昌, 水文・水質環境の調査法, 保全生態学の技法 -調査・研究・実践マニュアル-, (鷲谷いづみ, 宮下直, 西廣淳, 角谷拓 編、東京大学出版会), pp211-226, 2010
2009年
Kazuhiro Nishida, Khan M. Nasir, Sho Shiozawa. Khan M. Nasir, and Sho Shiozawa. Effects of salt accumulation on leaf water potential and transpiration rate of pot-grown wheat with controlled saline groundwater table.Soil Science and Plant Nutrition, 55, pp375-384. 2009.
中田 達, 塩沢 昌, 吉田 貢士.霞ヶ浦妙岐ノ鼻湿原における水位変化と水循環.水文・水資源学会22(6), pp456-465.2009.
山下正 塩沢昌:下水処理水の農業利用のための下水管への塩水地下水浸入区間長の推定.農業農村工学会論文集 263 109-115 2009
Ardiansyah:Toward Food Crisis Solution: Management of Blue Water and Green Water For Agriculture
Inovasi Magazine, ISSN : 2085-871X | Edisi Vol.15/XXI/November 2009
2008年
Ardiansyah, Sho Shiozawa, Kazuhiro Nishida. Thermal properties and Shirinkage-Swelling Characteristic of Clay Soil in a Tropical Paddy Field. 土壌の物理性,110,pp67-77.2008
2007年
Natsuki Yoshikawa, Sho Shiozawa, Ardiansyah. The nitrogen budget and gaseous nitrogen loss in a tropical agricultural watershed. Biogeochemistry, 87, pp1-15, 2008.
H. Somura, K. Yoshida, H. Tanji. Decadal fluctuations in the consumption of irrigation water during the rainy season, Lower Mekong River. Hydrological Processes, 22, pp1310-1320, 2008.
2006年
Yoshikawa, N., S. Shiozawa. Estimating variable acreage of cultivated paddy fields from preceding precipitation in a tropical watershed utilizing Landsat TM/ETM. Agricultural Water Management, 85, pp.296-304, 2006.
吉田貢士, 塩沢昌, 戸田修, 宗村広昭, 丹治肇. 河畔林葉面積指数の季節変動を考慮した日射遮断機能のモデル化. 水工学論文集, 51, pp1225-1230, 2007

上に戻る

学会発表

2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009

2016年
平成28年度農業農村工学会全国大会
塩沢昌, 西田和弘, 吉田修一郎, 木村匡臣, 飯田俊彰:高濃度汚染地域における河川敷内の放射性セシウム表面濃度分布
吉田修一郎, 田中聡至, 西田和弘:水田土壌の湛水膨潤に対する鉄の還元の影響
西田和弘, 宮坂加理, 塩沢昌, Siilegmaa Batsukh, Undarmaa Jamsran, 吉田修一郎:モンゴル草原の水収支と蒸発散
宮坂加理, 塩沢昌, 西田和弘, Undarmaa Jamsran, Siilegmaa Batsukh, 吉田修一郎:モンゴル草原における土壌水分環境と降雨浸入量の不均一性
松本宜大, 吉田修一郎, 西田和弘:破砕転圧が火山灰土水田の浸透抑制に及ぼす効果の予測
柴田里子, 西田和弘,吉田修一郎, 塩沢昌:灌漑水量・方法が水田水温・地温に与える影響
2016年度土壌物理学会大会
西田和弘, 金子智史, 奥長知之,塩沢昌,吉田修一郎:施肥量の異なる畑地根圏内における土壌水中窒素の濃度分布と収支
農地保全の研究
吉田修一郎:農地の保全・整備と環境・景観配慮
2015年
平成27年度農業農村工学会全国大会
吉田修一郎, 藤巻晴行, 北村義信:ナイルデルタ土壌の乾燥亀裂の形成特性と土壌水分および溶質移動に及ぼす影響
西田和弘,塚口直史,二宮悠樹,宇尾卓也,吉田修一郎:冷水掛流し灌漑が水田水温・地温・米の外観品質に与える影響
宮坂加理,塩沢昌,西田和弘:低水分領域における土壌中の溶質拡散係数と電気伝導度
奥長知之,塩沢昌,吉田修一郎,西田和弘,山岸順子:施肥量の異なる畑地等からの窒素流出
片山高嗣,吉田修一郎,大野智史,井上健一,笈田豊彦,中村真也,西田和弘:粘土質転換畑における作土内滞水と暗渠流出量の関係
農業農村工学会関東支部大会
奥長知之,塩沢昌,吉田修一郎,西田和弘:施肥量の異なる畑地等からの窒素流出
松本宜大,吉田修一郎,西田和弘:関東ローム層台地の水田における過大な浸透と電力消費の実態
Kenkyukan Work Shop 'Role of soils in Asican Mega Cities'
Yoshida, S., and Shiozawa, S. : Difference in mobility of fallout radio-cesium due to land use
20th Conference of International Society of Tillage Research Organization

Yoshida, S., Takahashi, T. : Effect of redox condition on water retention of deformable paddy soil.

Joint Japan Sweden Radioecology Workshop at University of Gothenburg
Nobuko Mitsuoka : Radiocesium fixation process to soil analyzed by monitored radioactivity data of spinach in Fukushima
2014年
平成26年度農業農村工学会全国大会
塩沢 昌, 山野 泰明,小谷駿太朗,小野勇治.放射性セシウム土壌表面濃度の簡易な現場測定法とその応用
吉田修一郎, 山野泰明, 西田和弘.農地土壌の放射性セシウム鉛直分布測定結果の正しい使い方
西田和弘, 宇尾卓也, 吉田修一郎, 塚口直史.高温登熟障害抑制のための冷水掛流し灌漑による稲体温度、群落内気温、地温低下効果
宮坂加理,塩沢昌,西田和弘,Undarmaa Jamsran, Siilegmaa Batsukh, 吉田修一郎.モンゴルにおけるステップ草原と砂丘地の土壌水分環境
光安麻里恵,西田和弘,吉田修一郎.圃場の水管理が水田の水温・地温に与える影響
光岡伸子, 塩沢昌, 二瓶直登, 吉田修一郎, 西田和弘.ホウレンソウへの移行係数から見た放射性セシウムの土壌への固定の進行
International Workshop on Establishment of Optimized Land-use for Symbiotic Urban System
Yoshida, S. Dynamic state of soil macropore structure governing hydrological aspect of paddy field.
PAWEES 2014 International Conference
Yoshida,S., Inoue, K., Oida, T., Nakamura, S., Nishida,K. Simple storage function approach to risk evaluation of wet injury of upland crops cultivated in paddy field.
Nishida, K., Mitsuyasu, M., Yoshida, S., Nomura, M. Effect of water management techniques on water and soil temperature in irrigated rice paddy field
Mitsuyasu, M., Nishida, K., Yoshida, S. The influence of water depth on water and soil temperature in paddy fields.
The final symposium of SATREPS project“Sustainable systems for food and bio-energy production with water-saving irrigation in the Egyptian Nile Basin”
Yoshida,S. How the desiccation crack forms and affects water movement in the Delta soil.
20th World Congress of Soil Science
Yoshida,S., Yamano, H. Plot-scale spatial variability of radioactive cesium profile in contaminated paddy soil in Fukushima.
2013年
平成25年度農業農村工学会全国大会
塩沢昌,財津卓弥,山野泰明.放射性セシウムはどこから水系に流出したのか―福島県のため池における蓄積量調査から-
吉田修一郎,井上健一,笈田豊彦,中村真也,西田和弘.貯留関数モデルを用いた気候変動による粘土質転換畑の湿害リスクの簡易推定
西田和弘,宇尾卓也,光安麻里恵,吉田修一郎.数値計算による水稲の高温登熟障害抑制のためのかけ流し灌漑の検討
宮坂加理,塩沢昌,西田和弘,Undarmaa Jamsran,Siilegmaa Batsukh,吉田修一郎.放牧がモンゴル草原の土壌水分環境に与える影響
宇尾卓也,西田和弘,吉田修一郎,塚口直史.水稲の高温登熟障害抑制のためのかけ流し灌漑による水田水温、葉温、地温、群落内気温低下
光安麻里恵,西田和弘,吉田修一郎.農家の水管理が水田の水温に与える影響
農業農村工学会関東支部大会
横井有朋,吉田修一郎,西田和弘.粗大間隙のある粘質土壌からの蒸発と水分変化
The 5th GCOE Joint Symposium between Kyushu Univ. and Univ. of Tokyo
Katori Miyasaka.Soil water environment for plant and effects of livestock grazing on it in Mongolian rangeland.
2012年
平成24年度農業農村工学会全国大会
塩沢昌,深澤健太郎,吉田修一郎,西田和弘.福島県における土壌中の放射性セシウムの挙動
吉田修一郎,安達純,有光加理,西田和弘,塩澤昌.農地の除染が実効線量率の低減にもたらす効果の推定法
西田和弘,宇尾卓也,吉田修一郎,塩沢昌.田面水と水稲の熱収支式の近似解析解による水稲の高温登熟障害抑制の ためのかけ流し灌漑の検討
辻 英樹,塩沢 昌,吉田 修一郎,西田 和弘.台地流域における鉛直・水平スケールとピーク流出特性の関係
有光加理,塩沢昌,西田和弘,Undarmaa Jamsran,Siilegmaa Batsukh,吉田修一郎.モンゴル草地の異なる放牧圧にお ける深度別土壌水分状態と浸透能
山田祐大,岩間勇貴,塩沢昌,西田和弘,吉田修一郎.異なる施肥量の畑地根圏下への窒素の流出量の比較
宇尾卓也,西田和弘,吉田修一郎,塚口直史.水稲の高温登熟障害抑制のための夜間かけ流し灌漑による水田水温と葉温低下
光安麻里恵,木村匡臣,飯田俊彰,西田和弘.用排兼用利用される用水路の水温変動に関する研究(Ⅱ)―手取川七ヶ 用水におけるシミュレーションモデルの適用―
土壌物理学会
吉田修一郎,安達純,西田和弘、塩澤昌.水田における大きなスケールでの放射性セシウム鉛直分布の現場測定方法
西田和弘,宮坂加理,塩沢 昌,ウンダルマ・ヤムサラン,シリグマ・バツスキ,吉田修一郎.豪雨時におけるモン ゴル草原の深度別土壌水分分布と浸透能の関係
辻 英樹,塩沢 昌,吉田 修一郎,西田 和弘.台地流域における鉛直・水平スケールとピーク流出特性の関係
宮坂加理,塩沢昌,西田和弘, Undarmaa Jamsran,Siilegmaa Batsukh,吉田修一郎.放牧の有無がモンゴル草原の 土壌水分量と地温に与える影響
PAWEES 2012 International Conference
Sho Shiozawa. Radioactive contamination of paddy soil and its transfer to rice in Fukushima.
Eurosoil 2012
Shuichiro Yoshida. Limitation of mechanical analysis of shrinkage and swelling in paddy field.
The 2nd Japan-Korea Joint Workshop on Unsaturated Soils and Ground
Katori Arimitsu, Sho Shiozawa, Kazuhiro Nishida, Shuichiro Yoshida. Measurement of diffusion coefficient of dissolved organic matter in unsaturated soils.
The Second GRENE-RECCA Agriculture Workshop, Global Environmental Changes and ICT-Agriculture
Katori Arimitsu. Monitoring of frozen soil in Mongolian grass field.
The 4th GCOE Joint Symposium between Kyushu Univ. and Univ. of Tokyo
Katori Arimitsu. Effects of livestock grazing on water balance in Mongolian rangeland.
2011年
平成23年度農業農村工学会全国大会
塩沢 昌,西田和弘,ウンダルマ・ヤムサラン.モンゴル草地の土壌水分・塩分分布と土壌劣化
吉田修一郎,木坂康隆,西田和弘,塩澤 昌.火山灰土水田の小規模な破砕転圧による浸透抑制効果
西田和弘,川村方孝,塩沢 昌,吉田修一郎.植物被覆の有無による土壌中の塩類集積過程の比較
辻 英樹,塩沢 昌,西田和弘.鉛直不飽和流と比浸出量の動的計算を用いる水平地下水流を連立した準二次元流数値計算法
有光加理,塩沢 昌,西田和弘,吉田修一郎.土壌中における溶質拡散係数の溶質電荷による差異
岩間勇貴,中田 達,西田和弘,塩沢 昌. 霞ヶ浦妙岐ノ鼻湿原における地下水位変化と土壌水分量変化の関係
水文・水環境研究部会シンポジウム
辻 英樹,塩沢 昌,西田和弘.台地畑流域における洪水緩和機能の測定と評価
2010年
平成22年度農業農村工学会全国大会
原田真吾,塩沢昌,西田和弘.浸透速度が水田における硝化・脱窒に与える影響
廣津敬士,塩沢昌,西田和弘、吉川夏樹.「田んぼダム」効果予測のための簡易な水田流域流出モデル
吉田貢士,塩沢昌,松林周磨.水稲の高温障害抑制のための水田水温予測一次元モデル作成
土壌物理学会
川村方孝,西田和弘,塩沢昌.植物被覆の有無による土壌中の塩類集積過程の比較
2009年
平成21年度農業農村工学会全国大会
西田和弘, 塩沢昌, 山野孝嶺.蒸散・裸地面蒸発に伴う塩類集積過程の比較
中田達, 吉田貢士, 塩沢昌.霞ヶ浦湖岸氾濫原における栄養塩分布の氾濫時の変化と湿原植生との対応
松林周磨, 吉田貢士, 塩沢昌.水温予測モデルを用いた水稲の高温障害抑制のための水管理法に関する研究
土壌物理学会
西田和弘, 塩沢昌, 山野孝嶺.植生下と裸地下の塩類集積過程の比較
水文・水環境研究部会シンポジウム
西田和弘, 塩沢昌, 山野孝嶺.植生下と裸地下の塩類集積過程の比較
農村計画学会
秀島有紀, 山路永司.佐賀市三瀬村における農家民宿を中心に据えた活性化案
International Symposium on River and Lake Environments
Toru Nakada, and Sho Shiozawa. Nutrients distributions in Kasumigaura lakefront floodplain during a flood and relation with the floodplain vegetations
In Proceeding of International Conference on Promising Practices for The Development of Sustainable Paddy Fields
Ardiansyah, Sho Shiozawa, B.I. Setiawan. Evaluating on-Site and Satellite Remote Sensing Methods on Evapotranspiration Estimation

上に戻る

講演・その他

2015年度
第12回放射能の農畜水産物等への影響についての研究報告会
塩沢昌:放射性セシウムの添加による土壌への固定状態の経時変化
学術会議福島ワークショップ
塩沢昌:放射性セシウムの土壌中の挙動と水系への流出
2014年度
第十回放射能の農畜水産物等への影響についての研究報告会
塩沢 昌.放射性セシウムの土壌中の挙動、水系への流出
第九回放射能の農畜水産物等への影響についての研究報告会
塩沢 昌.放射性セシウムの地表面濃度の現場測定法と測定例
鳥取大学乾燥地研究センター
塩沢 昌.乾燥地の植生と土壌の保全
平成26年度九州沖縄農業試験研究推進会議生産環境部会土壌肥料研究会「農耕地ほ場の排水性の評価と対策」
吉田修一郎.農地の排水性を決める要因について
2013年度
3.11メモリアルシンポジウム(東日本大震災復興支援哲学会議)
塩沢 昌.放射性セシウムはどこからため池・河川に流出したのか―福島のため池の蓄積量調査から―
第7回放射能の農畜産物等への影響についての研究報告会
塩沢 昌.放射性セシウムは どこから水系に流出したのか―福島のため池の蓄積量調査から―

上に戻る