東京大学 農地環境工学研究室             >>東京大学 >>東京大学大学院農学生命科学研究科 >>生物環境工学専攻

卒論

     
名前
タイトル
2015
金子 智史
畑地根圏内における土壌水中窒素の濃度分布と収支の変動
2015
柴田 里子
水田灌漑が田面水温・地温に与える影響
2015
田中 聡至
水田土壌の膨潤に対する酸化還元状態の影響
2015
松本 宜大
浸透抑制が火山灰土水田の灌漑用電力の削減に及ぼす効果に関する実証的研究
2014
二宮 悠樹
水稲の高温登熟障害抑制のための水管理法が水田水温・地温に与える影響
2014
森 美穂子
作物のCs吸収評価における安定同位体Csの利用
2013
奥長 知之
畑地・雑草地における根圏下への窒素流出濃度の経時変化測定
2013
小谷 駿太朗
放射性セシウムの稲への移行における土壌被覆有機物の影響
2013
光岡 伸子
福島県における放射性セシウムの土壌から作物への移行
2013
森田 浩之
ナイルデルタ粘質土壌の吸水膨潤特性の測定
2012
財津 卓弥
放射性セシウムはどこから水系に流出したのか ―福島のため池における蓄積量調査から―
2012
横井 有朋
亀裂をもつ粘質土壌からの蒸発と水分変化
2011
安達 純
農地の除染が地域の空間放射線量率の低減にもたらす効果の推定法の開発
2011
宇尾 卓也
水稲の高温登熟障害抑制のための夜間かけ流し灌漑による水田水温と葉温低下の定量的評価
2011
深澤 健太郎
土壌中の放射性物質移動の定点観測
2011
宮澤 脩一
気候変動下の水田における窒素無機化量変動予測手法に関する研究

上に戻る

修論

   
名前
タイトル
2015
奥長 知之
施肥量の異なる畑地等からの窒素流出の年変動と収支
2015
片山 高嗣
粘土質転換畑における降雨後の作土内滞水特性に関する研究
2015
光岡 伸子
放射性Csの添加による土壌への固定状態の経時変化
2014
横井 有朋
粗い採土条件における作土の乾燥課程に関する研究
2013
宇尾 卓也
水稲の高温登熟障害抑制のためのかけ流し灌漑が水温・葉温に与える影響
2013
光安 麻里恵
圃場の水管理が水田の水温・地温に与える影響
2013
山野 泰明
農地土壌における放射性セシウムの鉛直分布空間変動
2012
木坂 康隆
有機物施用が水田の土壌構造の季節的変動に及ぼす影響
2012
山田 祐大
畑地・雑草地根圏下への窒素流出量の施肥量との関係
2011
岩間 勇貴
畑地根圏下への窒素浸透フラックスと窒素収支の算定
2011
廣津 敬士
「田んぼダム」効果予測のための簡易な水田流域流出モデル
2010
有光 加理
土壌中における溶質拡散係数の溶質電荷による差異
2010
川村 方孝
植物被覆の有無による土壌中の塩類集積過程の比較
2010
松林 周磨
水稲の高温障害抑制のための水田水管理法に関する研究
2009
秀島 有紀
中山間地域における農家民宿の持続的経営のための条件
2008
石田 恒輔
農地・湿地等における大気―地表間のアンモニアガスフラックス測定法の検討
2008
辻 英樹
台地畑の水循環と洪水緩和機能
2008
山野 孝嶺
塩類集積に伴う土壌劣化の植物被覆の有無による比較
2007
大草 宙子
熱帯の間断灌漑水田における水収支と窒素収支
2007
高橋 秀聡
水温予測を含む水稲の生長予測モデルの構築
2006
中田 達
霞ヶ浦妙岐ノ鼻湿原における水循環と窒素動態
2006
浜口 裕也
水田における洪水緩和機能の測定と評価

上に戻る

博論

年度
名前
タイトル
2013
宮坂 加理
モンゴル草原における土壌水分環境へ放牧が与える影響
2011
辻 英樹
台地畑流域の降雨流出機構と洪水緩和機能
2011
田中 幸夫
国際河川紛争における流域国間協調のための水・土地利用分析―ティグリス・ユーフラテス川流域を事例として―
2010
山下 正
沖縄における下水処理水の農業利用の研究
2009
中田 達
湖岸湿原における水・物質循環と水質浄化機能の研究-霞ヶ浦妙岐ノ鼻湿原を事例として-
2008
西田 和弘
植物被覆による乾燥地の農地保全に関する研究
2008
Ardiansyah
Estimation of Evapotranspiration in Cultivated and Uncultivated Paddy Field in a Tropical Watershed
2008
Romeo J Cabangon
Soil and Water management for saving water and increasing water productivity in irrigated rice systems-Crop and Environment Sciences Divison International Rice Research Institute-

上に戻る